×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

危険予知訓練とは

危険予知訓練(きけんよちくんれん)は、工事や製造などの作業に従事する作業者が、事故や災害を未然に防ぐことを目的に、その作業に潜む危険を事前に予想し、指摘しあう訓練である。危険予知訓練はローマ字による表記 Kiken Yochi Training の頭文字をとってKYT(ケーワイティー)、あるいはKY訓練とも呼ぶ。危険予知訓練はミーティングや職場内研修を通じ、危険性の情報を共有することで、事前に予測できる災害の発生を未然に防止させる仕組み。危険予知訓練は毎日の始業時や動作時に指差喚呼を行い危険性の再確認をし、さらに安全性を高める行動も行われている。





>> 危険予知訓練を学ぼう★参考になる商品はこちらがおすすめ!



危険予知訓練の活動手法@

危険予知訓練は種々の活動手法が用いられるが、その一例は次のとおり。危険予知訓練で職場や作業現場等の何気ない日常の風景を写真に撮ったりイラスト図を書いたりして、それらの図表を作業チームの前に提示し、どのような危険が潜んでいるか、問題点を指摘させる。危険予知訓練の問題点の指摘は自由に行わせ、他のメンバーの指摘内容を批判するようなことは避ける。 危険予知訓練の指摘内容が一通り出揃ったところで、その問題点の原因などについてメンバー間で検討させ、問題点を整理する。

危険予知訓練の活動手法A

危険予知訓練で整理した問題点について、改善策、解決策などをメンバー間で討議、合意の上、まとめさせる。 危険予知訓練の合意結果は、工場内に掲示したり、朝礼などで発表したりして、メンバー間の共通認識として情報を共有し、事前の危険回避を図る

危険予知訓練の中でこのような活動を定期的に行ううちに、日常の作業をただ流すだけでなく、常に、何か危険は潜んでいないかと各自に考える習慣を持たせることも期待できる。

Copyright © 2008-2009 危険予知訓練ナビ〜危険予知訓練について〜

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。